> > 三菱商事、フランスで太陽光発電事業に初参画

三菱商事、フランスで太陽光発電事業に初参画

記事を保存
三菱商事、フランスで太陽光発電事業に初参画

三菱商事は、再生可能エネルギー事業の拡大を目指し、フランスのEDFエネルジ・ヌーベル社が同国で保有する「ツール・ロジエ1太陽光発電所」の持分50%を取得し、三菱商事としてはフランスで太陽光発電事業に初参画することになった。

同太陽光発電所は、フランス北東部ナンシー郊外の旧NATO空軍跡地(敷地面積522ヘクタール)に位置し、発電容量は世界有数の5万5,000KW。総事業費約220億円で2012年5月に建設を完了、フランス電力公社向けに同年6月から売電を開始している。

欧州ではCO2削減目標の堅持と国境を越えた送電網の統合に向けた動きが進み、電力の効率的な運用や再生可能エネルギーの普及が加速している。

このような中、三菱商事は欧州でのさらなる発電事業推進を狙い、太陽光発電分野では、すでに発電所を保有しているスペイン、ポルトガルに加え、今回の案件を契機にフランスに初参入し、日射量の豊富な南欧・その他地域にて発電資産の積増しに取り組み、多様な発電所の運営ノウハウを確立していく。また、EDFグループとは、今後も再生エネルギー分野全般について連携を図りながらさらなる協業推進を行いたい考えだ。

なお、EDFエネルジ・ヌーベル社は、フランス大手電力会社EDF社の100%子会社。全世界で積極的に再生可能エネルギー事業に取り組んでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.