> > ローソンの太陽光発電システム、売電益が2か月で65,310円

ローソンの太陽光発電システム、売電益が2か月で65,310円

記事を保存
ローソンの太陽光発電システム、売電益が2か月で65,310円

ローソンは、2012年10月1日より、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づいた太陽光発電システムによる売電を開始した。10kW以上の売電は、コンビニエンスストア業界で初めて。売電開始後、順調に稼動しており、今年度1,000店舗、来年度1,000店舗の合計2,000店舗に太陽光発電システムを導入し、今後も売電を行う予定。

昨年12月26日現在で、売電用の太陽光発電システムを設置済みの店舗は約420店舗あり、そのうち27店舗で売電を実施。昨年10月1日から売電を開始したローソン三芳北永井宮本店(埼玉県)では、開始から2ヶ月間で1,555kWhの発電を行い、売電収益は65,310円になった。この収益は、太陽光発電システムの導入費用に充当される。

現在導入している太陽光発電システムでは、売電用の10kW(5kW×2系統)と店舗使用の2kWの合計12kWの発電が可能で、発電電力量は年間約11,000kWh。2,000店舗では、年間22,000,000kWhの発電量となり、一世帯あたりの平均年間電力使用量3,600kWhに換算すると、6,000世帯以上の電力使用量をまかなうことになる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.