> > 大成建設もYSCPに参画、ビル側でのデマンドレスポンス対応の実証

大成建設もYSCPに参画、ビル側でのデマンドレスポンス対応の実証

 印刷 記事を保存

大成建設は、「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」において、次世代型のビルエネルギーマネジメントシステム(BEMS)を活用したエネルギー最適運用として、電力ピークカットの最大化等を目的とした冬季デマンドレスポンス(DR)実証を、同社技術センターで実施すると発表した。

デマンドレスポンスは電力需給の逼迫が予想される場合に、電力使用抑制の協力依頼を受けて需要家側で電力の需要を調整する仕組み。今回の実証では、YSCP内の地域エネルギー管理システム(CEMS)が気象予報や実績値から必要な電力量を予測し、1月8日~2月22日の内10日程度、最高気温8度以下の日に参画企業に対してデマンドレスポンスを発動して最大20%の電力ピークカット効果を目指す。

(※全文:916文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.