> > ミドリムシを主原料に植物由来成分約70%のバイオプラスチックを開発

ミドリムシを主原料に植物由来成分約70%のバイオプラスチックを開発

記事を保存
ミドリムシを主原料に植物由来成分約70%のバイオプラスチックを開発

産業技術総合研究所は、日本電気(NEC)及び宮崎大学と共同で、微細藻の一種であるミドリムシから抽出される成分を主原料とした微細藻バイオプラスチックを開発した。

同プラスチックは、ミドリムシ(ユーグレナ)が作り出す多糖類に、同じくミドリムシ由来の油脂成分から得られる長鎖脂肪酸またはカシューナッツ殻由来の油脂成分で柔軟性をもつ長い鎖状部位と剛直な六角形状部位を合わせ持つカルダノールを付加して合成させたもの。熱可塑性と耐熱性に優れ、植物成分率が約70%と高いのが特長。

同研究開発は、科学技術振興機構の委託事業「先端的低炭素化技術開発:ALCA(平成23~28年度)」の研究テーマ「非食用の多糖類を利用したバイオプラスチックの研究開発」の一環として行われてきた。安定供給が可能なセルロースなどの非食用植物資源由来の多糖類を利用し、高い温暖化ガス削減効果を実現する革新的なバイオプラスチックの開発を目的としている。

今回は、多糖類原料として、陸上植物だけでの供給リスクを回避し、多糖類の分子構造の多様化によるバイオプラスチックの機能性向上を目指し、ミドリムシが産生する多糖類を主骨格とする微細藻バイオプラスチックの開発に取り組んだ。

一般に水中で光合成する微細藻類は、陸上植物よりも太陽エネルギー利用効率が高く、特にミドリムシは高濃度の二酸化炭素を直接利用でき、高い光利用効率の実現が可能。そのため、バイオプラスチック原料の供給源として選択した。さらに、ミドリムシは食品工場などの安全な廃液を用いた培養が可能なため、結果的にプラスチック製造にかかるエネルギーの削減につながりうると期待されている。

【参考】
産業技術総合研究所 - ミドリムシを主原料とするバイオプラスチックを開発

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.