> > ミドリムシを主原料に植物由来成分約70%のバイオプラスチックを開発

ミドリムシを主原料に植物由来成分約70%のバイオプラスチックを開発

 印刷 記事を保存

産業技術総合研究所は、日本電気(NEC)及び宮崎大学と共同で、微細藻の一種であるミドリムシから抽出される成分を主原料とした微細藻バイオプラスチックを開発した。

同プラスチックは、ミドリムシ(ユーグレナ)が作り出す多糖類に、同じくミドリムシ由来の油脂成分から得られる長鎖脂肪酸またはカシューナッツ殻由来の油脂成分で柔軟性をもつ長い鎖状部位と剛直な六角形状部位を合わせ持つカルダノールを付加して合成させたもの。熱可塑性と耐熱性に優れ、植物成分率が約70%と高いのが特長。

(※全文:684文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.