> > 自律移動制御の研究開発向け自動車RoboCar、プリウスPHV版が販売開始

自律移動制御の研究開発向け自動車RoboCar、プリウスPHV版が販売開始

記事を保存
自律移動制御の研究開発向け自動車RoboCar、プリウスPHV版が販売開始

ゼットエムピーは、市販のプラグインハイブリッド車をベース車両とした「RoboCar® PHV」の販売を開始した。

「RoboCar® PHV」は、車載ネットワークCAN(Control Area Network)を介して、ベース車両に搭載されているセンサ情報を取得でき、かつゼットエムピー独自のコントローラによって走行制御が可能な、研究開発向けの実験車両。コンピュータにより走行制御が可能で、運転支援技術や自動走行技術の研究開発に寄与する。価格は「RoboCar® PHV Primitive」が700万円~、「RoboCar® PHV」が1,400万円~。1月15日より受注を開始した。

ZMP Robocar® PHV システム構成図 - 環境ビジネスオンライン

「RoboCar® PHV」は、速度、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトポジション、加速度、角速度、方位などCAN情報の取得が可能。EVでの走行可能距離は、RoboCar® HVと比べて日常の実用的な走行距離26.4km(HVは2kmまで)まで伸び、EVでの走行可能速度は、高速道路走行可能な100km/h(HVは55km/hまで)に向上した。

今回「RoboCar® PHV」に加えて、データ取得に特化し公道走行が可能な「RoboCar® PHV Primitive」もラインナップ。カメラやミリ波レーダ、3次元レーザレーダなどの環境認識センサを搭載し公道を走行することで、歩行者や前方車両、障害物などの認識と、速度やハンドル・アクセル・ブレーキ操作などを同時に計測することができるため、公道での各種計測実験や技術評価をスムーズに行うことができる。

また、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Windows Azure(TM) Platform」と連携させた開発環境の構築も可能。RoboCar® PHVで取得した様々な情報をインターネット経由でクラウド(Windows Azure)に保存し、保存された情報をSQL Azure(TM)上でデータベース化することで、開発者は場所を選ばず遠隔で必要な情報を検索・解析することができる。

【参考】
実験車両「RoboCar HV」レンタル開始 センサ情報をクラウド上に蓄積(2012/10/17)
プリウスをベースにした研究開発向け実験車両「RoboCar HV」が登場(2012/5/23)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.