> > レオパレス21、太陽光発電設置アパート5,000棟突破 計47MWに

レオパレス21、太陽光発電設置アパート5,000棟突破 計47MWに

記事を保存
レオパレス21、太陽光発電設置アパート5,000棟突破 計47MWに

レオパレス21は、太陽光発電システムを設置したアパートの棟数が2012年12月に5,000棟を突破したと発表した。

これは、同社管理アパートの太陽光発電システムが設置可能な約22,000棟のうち22%を超える割合。合計発電容量は47MWとなり、これは一般家庭約1万5,000世帯分の電力需要に相当する。

発電した電力は固定価格買取制度により売電し、アパートのオーナーが売電収入を得るしくみ。通常売電している電力は、万一の際には非常用の電力としても有効活用でき、地震に強い工法を採用し入居者の安全性を確保している。

同社は2011年4月より新築及び既存の当社管理の賃貸アパートに、環境に配慮した「太陽光発電システム」の本格的な導入推進を開始。多くのアパートのオーナーの協力を得られ、2年に満たない短期間で5,000棟を達成した。今後も太陽光発電システムを積極的に導入し、自然エネルギーの活用に取り組む考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.