JVETS(国内排出量取引制度)の11年度実績が公表 排出量7万tを削減

  • 印刷
  • 共有

環境省は、自主参加型国内排出量取引制度(JVETS)の、第6期(2011年度排出削減実施)が昨年11月末で終了したことから、同期におけるCO2の排出削減量の実績と排出量取引の結果を発表した。

これによると、目標保有参加者58社と、取引参加者及び過去のJVETS目標保有参加者のうちバンキングした参加者86社が参加し、排出削減量は合計70,811トン、排出枠の取引件数は合計46件、排出枠の取引量は合計30,481トンとなった。なお、第3期より「排出量取引の国内統合市場の試行的実施」(試行スキーム)の参加類型の一つとなっているが、同期において、JVETSと「試行スキーム」で口座を保有する取引参加者間での制度間取引は7件あった。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報