> > 炭素市場活動が過去最高を記録

炭素市場活動が過去最高を記録

 印刷 記事を保存

(1月18日、ロンドン)

2012年の世界炭素市場における取引は前年比26%増、世界のCO2排出量の3分の1相当という記録的なレベルを達成

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスの分析によれば、世界炭素市場の取引量は2012年に26%増加し、107億トンに達した。これは、世界のCO2総排出量の3分の1に相当する。2010年以降、世界炭素市場の取引活動は、毎年約25%のペースで着実に増加している。

世界炭素市場の四半期別取引量

世界炭素市場の四半期別取引量

2012年の活動の多くは年末に行われ、過去3四半期の平均と比べて最終四半期の取引は70%急増した。2012年最終四半期単独で、年間総取引量の36%を占めた。欧州排出権取引制度(EU ETS)における取引活動は、2012年第1四半期から第3四半期の平均と比べて第4四半期に約40%増加した。また、発展途上国や旧東欧諸国(特にロシアおよびウクライナ)からの炭素クレジットである国連オフセットについては、同様の基準で市場流動性が150%超の急増となった。

EU ETSにおける取引活動の増加には、主に2つの要因が関係している。

(※全文:1,874文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.