> > 日本政策投資銀行、大阪北港処分地のメガソーラーに融資

日本政策投資銀行、大阪北港処分地のメガソーラーに融資

記事を保存
日本政策投資銀行、大阪北港処分地のメガソーラーに融資

日本政策投資銀行(DBJ)は、三井住友ファイナンス&リース(SMFL)に対し「国際戦略総合特区計画に基づく総合特区支援利子補給金制度」及び「DBJスマートジャパンプログラム」を活用した融資を実施した。

今回融資が行われたのは、大阪市此花区夢洲の北港処分地に大規模太陽光発電(メガソーラー)を設置する「大阪ひかりの森プロジェクト」。発電規模は10MW、今年10月より運転開始予定。

同プロジェクトでは、SMFLと住友商事が開発した官民協働の新しい仕組みにより、複数の参加企業が、大阪市が提供する用地に、リースを活用してメガソーラーを設置。廃棄物埋立処分場である北港処分地をメガソーラーによって有効活用することで、地域の循環型社会実現が期待されている。

「総合特区」は、国際競争力の強化・地域の活性化に向けて、国による指定を受けた地域に対し、規制の特例措置を中心に税制・財政・金融上の支援措置等を複合的に実施するもの。「総合特区支援利子補給金制度」は上記金融上の支援措置であり、当該指定地域における事業の実施者が内閣総理大臣の指定を受けた金融機関から融資を受けた場合、国が利子の一部を補給するもの。これにより事業者は低利での資金調達が可能となり、総合特区計画の推進に資する事業の円滑な実施が期待される。

「DBJスマートジャパンプログラム」は、震災からの復旧・復興、円高、欧州金融危機、海外を含めたサプライチェーンの途絶など、外部環境の変化を踏まえた日本経済のサステナビリティ確保を目的に「世界に通じる競争力強化」「まちづくり」「環境・エネルギー」の3つの取り組みについて、金融サポートを行うDBJ独自の融資制度。

【参考】
ジュピターテレコムなど7社、大阪で官民協働型メガソーラー共同事業を始動(2012/11/5)
ソーラーフロンティア、政投銀とメガソーラー投資会社を設立(2013/1/11)
コスモ石油・昭和シェル石油など、共同でメガソーラー事業、油槽所跡地を活用(2013/1/17)
日本政策投資銀行 - 関西イノベーション国際戦略総合特区計画および「DBJスマートジャパンプログラム」に基づく融資を実施

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.