> > JPEA、「PV施工技術者」認定試験の申込受付期間を2月15日まで延長

JPEA、「PV施工技術者」認定試験の申込受付期間を2月15日まで延長

記事を保存

太陽光発電協会(JPEA)は、「PV施工技術者」認定試験の申込受付期間を2月15日まで延長する。試験日時は3月17日(日)14:00~16:00(試験時間120分)。受験料は12,600円(税込)。仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、福岡市の全国5都市で試験を実施する。

試験方法はマークシートによる5肢択一形式50問。認定試験の結果、一定水準以上の知識を有すると認めた者をJPEAが「PV施工技術者」として認定し、認定証を交付する。

受験資格は以下のいずれかを満たすことが条件となっている。

  1. 各メーカー別の施工IDを取得していること(但し、屋根への設置に関する"実技実習"受講を受けていない場合は対象外)
  2. J-cot(日本塗装技術協会)平成23年度「住宅用太陽光発電システムに係る施工研修」を修了していること
  3. あらかじめ太陽光発電協会からの認証を受けた研修機関(JPEA認証研修機関)で、同協会が認証した研修を修了していること

JPEA認証研修機関としては、ウイズミーとエコリンクスが認証されており、本制度に基づく認証研修を実施している。

JPEAは、住宅用太陽光発電システムの施工における一定水準の品質の確保・向上を目的に、「PV施工技術者」を認定する「PV施工技術者制度」を創設。今回の認定試験は、第1回目として実施されるもの。平成24年12月18日より受付を開始し、当初の受付期間は2月8日までだった。

【参考】
「PV施工技術者認定制度」で第1号の認定校(2013/1/8)
太陽光発電協会、第1回PV施工技術者認定試験の受付を開始(2012/12/21)

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.