> > 北海道ガス子会社、社有地に1.2MWのメガソーラーを建設

北海道ガス子会社、社有地に1.2MWのメガソーラーを建設

記事を保存
北海道ガス子会社、社有地に1.2MWのメガソーラーを建設

北海道ガスの100%子会社である北ガスジェネックス(札幌市)は、北海道ガスおよび北ガスジェネックスの社有地を活用したメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設すると発表した。設備投資額は約4億円。発電施設の着工は2013年5月で、運転開始は2013年10月を予定している。

メガソーラーの建設予定地は、北ガス新港ガバナステーション隣接地(石狩市)の2.9ha。発電容量は約1,200kW。年間総発電量は約117万kWhを見込み、全量を北海道電力に販売する。

北ガスジェネックスは、LPガス供給事業、石油製品の販売等を手がける。北海道ガスグループでは、今後も天然ガスの安定供給と普及拡大に努めるとともに、環境負荷低減に貢献するエネルギーサービスの提供に力を入れていくとしている。

ガス会社が取り組むメガソーラー案件としては、昨年6月に、大阪ガス100%子会社であるガスアンドパワーが、グループ会社所有地を活用して、大阪、岡山、和歌山の3カ所に、合計約3.5MWのメガソーラーを建設することを発表している。また、西部ガスも100%子会社エネ・シードを通して、大牟田、長崎、北九州3カ所で合計3.7MWのメガソーラー事業を展開している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.