> > ソニー、太陽光パネルに直接接続できる業務用蓄電池を発売

ソニー、太陽光パネルに直接接続できる業務用蓄電池を発売

記事を保存

ソニーは、商用電源のない環境でも、太陽光発電と組み合わせることで、「自立型蓄電システム」を実現できる、高容量6.0kWhの業務用蓄電池「ESSP-3005/18P」を3月1日より発売する。

本商品は、AC100V商用電源との接続だけでなく、太陽光パネルからの直接接続に対応。ブレーカー(配電盤)工事やパワーコンディショナー(交流変換器)など、従来、太陽光発電システム設営時に必要としていた複雑な電気工事を大幅に簡素化することができるため、建設現場や農業用ハウス、ロッジ、災害発生時の仮設住宅など、様々な場面での電源用途での活用を見込む。

また、商用電源を得ることが困難な状況下でも、バッテリー残量分からの蓄電池本体の起動が可能なため、太陽光発電との組み合わせで、"自立型蓄電システム"を実現する。

加えて、停電などの非常時でも、自動で瞬時に電力供給の切り替えを行う無瞬断機能(UPS)を搭載しているため、精密機器やIT機器の故障を防ぎ、大切なデータ保持と業務継続のためのPCやサーバー用電源として使用することができる。

さらに、パソコンやタブレットから利用できるエネルギー管理アプリケーションを標準搭載。蓄電池本体の充放電状況、各種設定や消費電力履歴の確認できるほか、夜間に充電した電力を昼間に利用するピークシフト・ピークカットなど、顧客自身でエネルギーマネジメントを行うことができる。

また、この業務用蓄電池には、10年以上の長寿命、高い安全性能、高出力といった特長をもつオリビン型リン酸鉄リチウムイオン二次電池を搭載している。価格はオープン価格。なお、本蓄電池と太陽光発電との接続には、別途、ソニー製の太陽光パネル充電器「IJ1001HSB」が必要となる。

現在、太陽光発電など様々な自然エネルギーが注目されている一方で、気象条件などによる不安定な電力供給が課題としてあげられえている。そこで、需給状況に合わせ、電気を貯めておくことのできる蓄電池が重要となる。

また、蓄電池には、毎日充電・放電を繰り返しながらも、長寿命であることが求められる。同社は、既発売の業務用蓄電池ESSPシリーズに本商品をラインアップに加え、再生可能エネルギーと商用電力利用における幅広い顧客のニーズに応える。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.