> > NEC、導電率が高く安全なカーボンナノチューブ素材を発売 燃料電池や医療分野向け

NEC、導電率が高く安全なカーボンナノチューブ素材を発売 燃料電池や医療分野向け

 印刷 記事を保存

NECは、同社が1998年に発見した炭素でできた筒状の素材「カーボンナノチューブ」の一種「カーボンナノホーン」の販売を開始した。

同素材は、直径2~5nm(ナノメートル)、長さ40~50nmの形状を持ち、数千本集まり直径100nm程度の球形の集合体を形成。単位質量あたりの表面積が広く分散しやすく、導電率が高いなどの特性を持つ。今回、同社は純度95%の高純度カーボンナノホーンを1日1kg以上量産可能な技術開発及び装置の稼働実証に成功した。

同社は、蓄電を行うキャパシタ、圧力や電力でスイッチのオンオフを行う等の機能を持たせるアクチュエータ、燃料電池等のエネルギー関連から薬物輸送等の医療関連まで幅広い分野へ適用できるとしている。

(※全文:927文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.