> > 長谷工など、兵庫県のマンションに戸別供給型太陽光発電システムを採用

長谷工など、兵庫県のマンションに戸別供給型太陽光発電システムを採用

記事を保存

長谷工コーポレーションとオーエスは、関西最大の全戸戸別供給型太陽光発電システムと、西日本初となる長谷工の次世代型マンション企画「Be-Next(ビーネクスト)」を採用した新築分譲マンション「プレージアブラン東園田」(兵庫県尼崎市、総戸数108戸)のギャラリーを2月2日よりグランドオープンする。

本物件では、全戸戸別供給型太陽光発電システムを採用し、CASBEE(建築環境総合性能評価システム)で最高評価「Sランク」を取得。本システムにより、年間消費電力を約26%削減可能で、停電時には昼間のみ電力を使用することができる。

また、発電量の1/2を売電すれば、年間約40,755円を節約できると試算している。本システムは、JX日鉱日石エネルギーの集合住宅向けの戸別太陽光発電システム「ene SOLARココエコ」を採用、新エネルギー財団が主催する2011年度「新エネ大賞」で「新エネルギー財団会長賞」を受賞している。

長谷工の次世代型マンション企画「Be-Next(ビーネクスト)」は、「快適」「多様性」「環境」「防災」の4つのキーワードをテーマに、「構造・設備等の基本機能の充実」「顧客にニーズに合わせて『可変性をプラス』」「高効率型設備機器(エコジョーズ)等の設置や防災備品の整備など環境・防災への配慮」の3点をコンセプトとする。

本物件では、エコジョーズのほか、保温浴槽や節水便器、複層ガラスなど、エコにこだわった設備を装備。省エネルギー対策で最高ランクの等級4を取得する予定。防災体制としては、非常用飲料水生成システム、非常用マンホールトイレ、かまどスツールの3点を採用している。

本物件は阪急神戸線園田駅から徒歩9分の利便性の高いエリアに立地し、"欲しいのは、<カシコクくらせる>マンション"を物件コンセプトに、従来の生活にカシコクをプラスした新しいスタイルのマンションとして展開する。鉄筋コンクリート造の6階建で、予定販売価格帯は3LDKが2,800万円台(72.45平方メートル)より、4LDKが3,300万円台(83.49平方メートル)より。竣工・入居は2014年1月下旬を予定している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.