> > 産総研など、高温超電導の記録更新(約-120℃)

産総研など、高温超電導の記録更新(約-120℃)

 印刷 記事を保存

産業技術総合研究所と理化学研究所は、高圧合成技術を用いて作製した水銀系銅酸化物高温超伝導体のひとつであるHg-1223について、15万気圧の超高圧力下で、電気抵抗がゼロとなる超電導現象を、現在最も高い絶対温度153K(セ氏約-120度)で観測したと発表した。本成果により、今後、新しい物質の開発における超伝導転移温度の向上に貢献することが期待される。

1993年に発見されたHg-1223は大気圧中では最も高い135Kの超伝導転移温度をもつ物質である。この物質は圧力の増加とともに転移温度が上昇するという報告がなされていたが、実験が困難であるため超高圧力下では電気抵抗の消失は観測されていなかった。

今回、高度な高圧力下での実験技術を利用することで、本研究成果を得た。また、これまで得られていなかった圧力下での正しい超伝導転移温度の変化の詳細を明らかにした。

(※全文:1,418文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.