山梨県米倉山太陽光発電所、想定の1.2倍発電

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

山梨県と東京電力は、山梨県甲府市米倉山で平成24年1月27日から運転を開始した出力1万kWの太陽光発電所について、1年間の発電電力量は、当初想定の約1.2倍となる約1,440万kWh、これによるCO2排出量削減効果は約6,100tとなったことを発表した。

米倉山太陽光発電所は、山梨県甲府市の南部にある丘陵地域「米倉山」に建設された東京電力初の内陸型メガソーラー発電所。当初の年間発電電力量は約1,200万kWhを見込んでいた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報