> > 東工大、カルシウムと窒素からなる高伝導性の新電子化物を発見

東工大、カルシウムと窒素からなる高伝導性の新電子化物を発見

 印刷 記事を保存

東京工業大学フロンティア研究機構の細野秀雄教授らは、化学式「Ca2N」を持つ層状構造化合物が、新しいタイプのエレクトライド(電子化物)であることを発見した。

同物質は、カルシウムと窒素の化合物。試料全体が2次元電子ガスの結晶と見なすことができ、電子が極めてスムーズに動くため、金属カルシウムより高い電気伝導性を持つのが特長。今回発見された化合物も、同教授らが発見したC12A7エレクトライドのようにユニークな物性を有するため、高伝導性が必要な電極や触媒など、いろいろな応用が期待される。

(※全文:712文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.