> > LIXIL、福島県の工場遊休地を活用し6.35MWのメガソーラー

LIXIL、福島県の工場遊休地を活用し6.35MWのメガソーラー

記事を保存
LIXIL、福島県の工場遊休地を活用し6.35MWのメガソーラー

住宅設備機器・建材メーカーのLIXILは、工場の遊休地を利用し、国内最大級となる6.35MWのメガソーラー(大規模太陽光発電施設)を、東日本大震災の被災地である福島県須賀川市に建設すると発表した。2014年春の稼動を目指して今春に着工する予定。

本施設は、須賀川工場(福島県須賀川市)の未活用地(約9万8,000平方メートル)に建設する。出力は6.35MW。年間推定発電電力量は約7,800MWhで、一般家庭約2,200所帯分の年間電力使用量に相当する。電力会社やパネルメーカー等などエネルギー業界によるものを除くと、国内最大級のメガソーラーとなる。

年間CO2排出削減量は約4,200tを見込む。発電した電力は全量を東北電力に売電することで、被災地への安定した電力供給に貢献する。また、地域へのクリーンエネルギー啓発を目的に展望デッキと見学棟を併設する。

須賀川工場は1989年9月に設立。リビング建材の生産を行っている。敷地面積は33万5,730平方メートル(約10万坪)で、建屋面積は8万1,486平方メートル(約2万5千坪)。

同社では、すでに2011年2月から有明工場(熊本県玉名郡)と岩井工場(茨城県坂東市)に、それぞれ県内最大の3.75MWの太陽光発電施設を稼動させており、本施設は3番目の太陽光発電施設となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.