> > 昭和電線と東京理科大、中温度領域の熱電変換で協力 工場などの排熱を利用

昭和電線と東京理科大、中温度領域の熱電変換で協力 工場などの排熱を利用

 印刷 記事を保存

昭和電線ケーブルシステムは、東京理科大学と共同で新しい高効率熱電変換素子を利用した発電システムを開発すると発表した。

同材料は「シリサイド系材料」と呼ばれ、セ氏300度から600度の温度領域で優れた特性を持つが特長。これまで開発してきた600~800度の高温度領域の熱電変換素子と組み合わせることで、広い温度範囲で効率の良い熱電発電システムが実現する。これにより同社は、中温度領域対応の熱電変換モジュールや高性能な熱電発電モジュールの開発を目指したい考えだ。

(※全文:735文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.