> > プリウス3位転落、N BOXが2位へ 1月の新車販売

プリウス3位転落、N BOXが2位へ 1月の新車販売

記事を保存

自動車の業界団体が発表した1月の車名別新車販売ランキング(軽自動車を含む)で、トヨタの小型ハイブリッド車(HV)「アクア」が、昨年10月から4カ月連続で1位を獲得した。先月2位だったトヨタのHV「プリウス」は3位にランクダウン、先月3位だったホンダの軽自動車「N BOX」は2位に浮上した。トップ10に軽自動車が6車種ランクインし、軽自動車の人気が高くなっている。

「アクア」の販売台数は、前年同月比66.6%増の2万2,466台。「N BOX」は、約2.1倍の2万552台。同車は、昨年12月に新型軽乗用車「N」シリーズの第一弾モデルとして発売したミニバンで、軽自動車の中でも特に好調さが目立だった。「プリウス」は39.1%ダウンの1万7,733台と、販売ペースが鈍化している。

4位には、販売台数1万5,175台でダイハツ「ムーヴ」がランクイン。昨年12月に燃費性能の向上など大幅な改良が行われ、22.5%の伸びを見せた。5位には、販売台数1万4,529台で日産「ノート」が入り、前年同月比約3倍の大幅増となった。

以下、6位「ワゴンR(スズキ)」、7位「タント(ダイハツ)」、8位「N-ONE(ホンダ)」、9位「ミラ(ダイハツ)」と軽自動車が並んだ。10位には、ホンダ「フィット」がランクインしたが、前年同月比58.8%の大幅ダウンとなった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.