> > 米国の風力発電は12月の建設ラッシュで新記録を樹立

米国の風力発電は12月の建設ラッシュで新記録を樹立

 印刷 記事を保存

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスによると、機器コストの低下と補助金終了の予想に伴い、13.2ギガワットの発電容量が導入された

(ニューヨーク、2013年2月8日[日本時間])

2012年に米国風力発電業界が新規に導入した名目発電容量は、過去最高の13.2ギガワットに達した。これには、最後の月に起きた新規導入のラッシュが大きく寄与している。2012年12月だけで導入容量は5.5ギガワットに達し、単月としては圧倒的に過去最高となった。これは、連邦生産税額控除の終了前にプロジェクトを完了させようと開発業者が急いだためである。

この数値は、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスが、クリーンエネルギー分野の取引とプロジェクトに関する業界トップクラスのデータベースに基づいて算出したものである。以前の記録は、2009年に導入された10ギガワットだった。2012年の導入容量は、2011年の6.5ギガワットに比べて102%の増加となった。

2012年の急増により、米国の風力発電容量は累計で60ギガワットとなり、同国の全発電容量の6%を占めるに至った。

ここ数年の間に、風力発電の経済性は急速に向上している。ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスの風力タービン価格指数で示される機器価格は、2010年以降に21%以上下落している。同じ期間に、平均設備利用率で表したタービンの性能は向上した。この2つの要因の複合により、米国の標準的な風力プロジェクトの平準化電気コストは、2010年以降に21%以上下落した。

(※全文:1,945文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.