> > 岐阜県海津市の最終処分場跡地メガソーラー、事業者はシーテック

岐阜県海津市の最終処分場跡地メガソーラー、事業者はシーテック

 印刷 記事を保存

岐阜県海津市は、一般廃棄物最終処分場跡地でメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業を行う事業者をシーテック(愛知県名古屋市)に決定し、基本協定を締結したと発表した。

公用地を活用したメガソーラー事業としては、岐阜県と七宗町に次ぐもので市では岐阜県初となる。平成25年7月の着工、平成26年2月の運転開始、平成46年1月の運転終了を予定している。

本事業は、同市が再生可能エネルギーの導入拡大と地球温暖化対策の推進を図るとともに、公共用地の有効活用を図るため、廃止済一般廃棄物最終処分場(45,138m2)を、メガソーラー発電事業を行う事業者に貸し付けるもの。本事業を行う事業者を募集し、県内外から8事業者の応募があった。

(※全文:672文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.