> > 経産省、国内クレジット67件認証 総削減見込量約170万t-CO2

経産省、国内クレジット67件認証 総削減見込量約170万t-CO2

記事を保存

経済産業省は、2月8日に第29回国内クレジット認証委員会を開催し、申請があった67件(国内クレジット量:22,050t-CO2)について国内クレジットの認証を行った。今回50件の排出削減事業を承認し、これにより排出削減事業の承認件数は累計1,267件。うちプログラム型排出削減事業は73件。

1,267件の2012年度までの総削減見込量は、約170万t-CO2(1件あたりの総削減量は1,339t-CO2)。同日までに認証された国内クレジットは、累計1,186件で約65.2万t-CO2。

国内クレジット制度は、中小企業等が省エネ機器の導入等で実現した温室効果ガス排出削減量を「国内クレジット」として認証するもの。

クレジット活用企業(共同実施者)が国内クレジットを購入したうえで、自主行動計画の目標達成や地球温暖化防止・地域活性化に貢献するCSR活動、カーボン・オフセットなどに活用でき、平成20年10月から実施されている。

【参考】
政府、現行制度を統合し新国内クレジット制度を検討、2013年導入へ(2012/4/10)
経済産業省 - 第29回国内クレジット認証委員会が開催されました ~67件の国内クレジットを認証~

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.