> > 三菱電機、節電対価を最適化するデマンドレスポンス対応需給制御技術を開発

三菱電機、節電対価を最適化するデマンドレスポンス対応需給制御技術を開発

記事を保存
三菱電機、節電対価を最適化するデマンドレスポンス対応需給制御技術を開発

三菱電機は、電力需給逼迫時に、電力消費を抑えたい電力事業者側と節電の対価を得たい大規模電力消費者側の双方の節電メリットを実現し、電力需給の安定化に貢献する「デマンドレスポンス対応需給制御技術」を開発したと発表した。

本技術は、デマンドレスポンスに対して、刻々と変化する発電コストや電力市場価格を反映し、発電側と消費側の双方にメリットのある適切な節電対価の決定を実現するもの。電力需給逼迫時だけではなく余剰時にも対応できる。

デマンドレスポンスは、電力需給逼迫時に、電力使用抑制の協力依頼を受けて需要家側で電力の需要を調整する仕組み。近年、節電による対価を支払うことで電力使用のピークを削減するデマンドレスポンスを活用した節電が注目されている。

しかし、現在実験的に運用されている従来のデマンドレスポンスは、様々な電力事情を持つ電力消費者に対して事前に節電対価が一律設定されている。そのため、必要な抑制量が確保できずに電力需給逼迫が解消できない、あるいは、過剰な節電要請による社会活動への影響が発生するといった事態が懸念されている。

本技術では、節電可能量が異なる電力消費者に対し、個別に節電要請を実施する。具体的には、ビルや工場などの大規模電力消費者の節電可能量と希望節電対価から全体の節電量および節電対価を予測し、各電力消費者に対し必要節電量を最適配分。これにより、節電量不足による需給逼迫の解消失敗や過度の節電による社会活動への悪影響を回避する。

また、電力消費者ごとに異なる節電可能量や節電による影響、季節や曜日・昼夜など時間ごとに変化する発電コストや電力取引市場価格を参照して、発電所での発電量、電力取引市場で売買する電力量、節電量および節電対価を最適化する。

これにより、電力事業者は電力供給コストを抑えることができ、電力消費者は社会活動への影響を与えることなく節電対価を得られることができる。本技術により、電力需給逼迫時に必要な最大発電量をデマンドレスポンスにより抑制できるため、電力事業者の発電所や送変電設備の増設抑制による電力料金の引き下げに貢献する。

なお、本技術は、同社スマートグリッド・スマートコミュニティ実証実験による開発成果として得た。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.