> > LIXIL、「低炭素建築物認定制度」の申請をサポートするビルダー向けサービスを開始

LIXIL、「低炭素建築物認定制度」の申請をサポートするビルダー向けサービスを開始

記事を保存
LIXIL、「低炭素建築物認定制度」の申請をサポートするビルダー向けサービスを開始

住宅設備機器・建材の総合メーカーであるLIXIL(リクシル)は、2012年12月4日に国土交通省より施行された「低炭素建築物認定制度」の申請を総合的にサポートするサービス「認定低炭素住宅 適合サポート」を2月より沖縄を除く全国のビルダー向けにスタートする。

「低炭素建築物認定制度」とは、日本のCO2排出量が1990年比で最も増大している民生部門(家庭・業務)、特に住宅・建築物における取り組みを強化するために、省エネ基準の見直しとあわせて施行された新しい制度。自治体から低炭素建築物に認定されると、税制優遇や住宅ローン優遇、容積率緩和などが適用される。

「認定低炭素住宅 適合サポート」では、同社がこれまで培ってきた住宅設計サポートのノウハウを活かし、ビルダーが木造戸建住宅(3階建て以下)を認定申請するために必要な“躯体の断熱性能”や“一次エネルギー消費量”の計算、その基準をクリアするための建物・設備仕様の検討、ならびに申請図書作成などを総合的にサポートする。価格(税抜)は1棟13万円より。

同社では、これまでも「長期優良住宅 適合サポート」「エコポイント 申請サポート」「フラット35S 申請サポート」「トップランナー基準 適合サポート」など、行政の住宅関連法制度に対応するために、ビルダー向けの総合的なサポート体制を整備してきた。

なお、低炭素住宅の認定を取得するには、以下の3つの条件全てを満たす必要がある(非住宅建築物は別基準)。

  • (1)家の躯体の断熱性能が次世代省エネ基準(平成11年基準相当)相当であること
  • (2)一次エネルギー消費量を省エネ基準より10%以上削減すること(家電分を除く)
  • (3)低炭素化の措置として8つの選択項目から2つ以上を満たすか、CASBEE(建築環境総合性能評価システム)などの環境性能評価で自治体の認定を受けること

※2つ以上の採用が求められる「8つの項目」は、「節水機器の設置」「雨水または雑排水の利用のための設備を設置」「HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)などの設置」「太陽光などの再生可能エネルギー発電設備と連携した定置型の蓄電池の設置」「ヒートアイランド対策の取り組み」「住宅の劣化の軽減に資する措置」「木造住宅もしくは木造建築物」「高炉セメントまたはフライアッシュセメントを主要構造部に使用」。

【参考】
国土交通省 - 低炭素建築物認定制度 関連情報

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.