> > クボタ、プラスチックペレットの異物選別機にLEDを採用し性能向上

クボタ、プラスチックペレットの異物選別機にLEDを採用し性能向上

 印刷 記事を保存

クボタは、プラスチックペレットの製造プロセスで発生する微小な黒点やヤケ、黒色粒などを色の差で選別し除去する異物選別機の新製品「Super PLATON(スーパープラトン)」を今月より発売した。

同製品は、LED照明を使用することでより選別性能を高め、透明なプラスチックペレットの選別にも対応したのが特長。同社は、高付加価値のプラスチックペレットを製造する国内外の化学メーカーの品質向上に貢献したい考えだ。

今後、国内では関西と関東の2か所にテストセンターを設置し、選別性能確認テストの依頼に応じる。また、韓国、中国、台湾、シンガポール、タイの販売代理店にもテスト機を配置し、アジア地区での販売拡大を図る。価格は1,260万円。初年度の販売目標は100台。

(※全文:740文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.