> > アジア最大の環境展示会「エコプロダクツ国際展」シンガポールで開催

アジア最大の環境展示会「エコプロダクツ国際展」シンガポールで開催

記事を保存

国際機関APO(アジア生産性機構)は、3月14日から16日までシンガポールで「第8回エコプロダクツ国際展(EPIF 2013)」を開催することを発表した。開催テーマは「One Environment, One Future: Towards a Sustainable and Greener Asia」。

「B2B(企業対企業)」に焦点を当て、シンガポール、台湾、韓国、マレーシア、インドネシアなど各国のパビリオンで最新鋭の環境に優しい技術、エコプロダクツやサービスを展示・紹介する。日本からは、三井住友銀行、帝人、日立製作所三菱電機など25社を超える有力企業の参加に加え、日本政府・環境省の助成によるジャパン・パビリオンが出展される。

また、同展に合わせて「Opportunities and Challenges in Sustainable Urban Living(持続可能な都市生活における機会と課題)」と題する国際会議も開催。3日間の本国際展会期中は、出展者と来訪者にとってビジネスマッチングの機会にもなる。全て入場無料で一般公開される。

「エコプロダクツ国際展」は、2004年に初開催。アジア太平洋地域におけるサプライチェーンのグリーン化に向け国際協力の強化を目指す展示会、国際会議を通じ、各企業に自社の環境ビジネスを拡充する機会、政府関係者には政策のグリーン化の手法を探る機会が提供している。毎年異なるAPO加盟国で開催され、シンガポールでの開催は2回目。アジア最大の環境展示会として、その地位を確立している。

【参考】
第8回エコプロダクツ国際展 - 第8回エコプロダクツ国際展のご案内

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.