> > 関西アーバン銀行、初の事業用太陽光発電への融資を実施 兵庫県のメガソーラーに

関西アーバン銀行、初の事業用太陽光発電への融資を実施 兵庫県のメガソーラーに

記事を保存

関西アーバン銀行(大阪市)は、協栄ハウス(大阪府門真市)に対し、メガソーラー事業向けの融資を実施した。同案件は、同行におけるメガソーラー事業を対象とした融資の第一号となる。

同事業は、兵庫県三木市の敷地(53,905平方メートル)で実施。出力は1,500kW。総事業費は5.8億円(同行融資、日本政策金融公庫融資、自己資金等で対応)。

関西アーバン銀行では、地域の経済基盤の成長に向け、今後も再生可能エネルギー分野をはじめとする環境ビジネスへの取り組みを積極的に進めるとしている。なお、協栄ハウスは、分譲住宅の企画開発、注文住宅・建売住宅の設計施工販売を手がける企業。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.