> > 大型トラックが自動で隊列運転走行 NEDO、交通分野の省エネ実験に成功

大型トラックが自動で隊列運転走行 NEDO、交通分野の省エネ実験に成功

 印刷 記事を保存

NEDOは、今年度で完了するエネルギーITS推進プロジェクトの事業成果として、隊列を形成した複数のトラックを操舵制御と速度制御により安全で効率的な走行を可能にする自動運転・隊列走行等を、産業総合研究所つくばセンター(茨城県つくば市)のテストコースで公開した。将来的に大型トラックの自動運転・隊列走行の実用化が進めば15%以上の省エネルギー効果が期待される。

このエネルギーITS推進事業は、自動車交通分野の省エネルギー対策として、NEDOが2008年度から5カ年計画、総予算約44億円で実施したもの。本プロジェクトでは、2010年9月に大型トラック3台で時速80km、車間15mの隊列走行による成果を公開したが、技術を高度化させてより近距離(15m→4m)の隊列走行を実現した。

また、技術の汎用性を向上させ隊列走行の早期実用化につなげるため、車車間通信を用いた車間距離制御と前方障害物認識技術を国内大型車メーカー4社の大型トラックに適用し、CACC(Cooperative Adaptive Cruise Control)の実験車4台を製作した。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.