> > 積水ハウス、香川県に街全体が発電所の「スマートコモンシティ林町」を開発

積水ハウス、香川県に街全体が発電所の「スマートコモンシティ林町」を開発

記事を保存
積水ハウス、香川県に街全体が発電所の「スマートコモンシティ林町」を開発

積水ハウスは、快適に暮らしながら「まち全体が発電所」となり、電力問題の解消に貢献するとともに、災害時には蓄電池などで安全・安心な暮らしが継続できるまち「スマートコモンシティ林町」(香川県高松市)のまちびらきを2月23日に行ったと発表した。

「スマートコモンシティ林町」では、国が推進する「ネット・ゼロエネルギー・ハウス」に準じた仕様を推奨する。全戸(43区画)を太陽電池と燃料電池を備えたダブル発電住宅とし、電気自動車用コンセントも標準装備。

さらに、そのうち約2割は蓄電池を加えた3電池を搭載し、それらを連動制御するHEMS(ホームエネルギー・マネジメントシステム)を備え、非常時にも電気のある暮らしができるスマートハウス「グリーンファースト ハイブリッド」とする。

太陽電池燃料電池によるダブル発電で「創エネ」して、クリーンな電力の地産地消を行うと同時に、断熱性能を高めるなどの「省エネ」により、1世帯当たりで年間約31.4万円の光熱費削減を可能した。

また、43世帯で発電する電力量は、年間335MWhとなり、余剰電力は近隣へ供給(電力会社に売電)。供給電力量は年間181MWh(一般的な世帯の約33世帯分)となる。クリーンな“まちの発電所”として、電力問題の解消に貢献するとともに、年間で約156t(スギの木11,100本相当)のCO2排出量削減にも貢献する。

さらに、太陽電池の非常用電源や蓄電池、鉄骨住宅には同社オリジナルの制震システム「シーカス」を備え、災害時に利用できる「ソーラー街路灯」「かまどベンチ」を採用するなど、災害に強いまちづくりを推進。隣接する分譲地「コモンライフ林」の住民とともにコミュニティイベント「隣人祭り」などを開催することで、コミュニティの育成にも取り組む。

同社では、2011年3月に発生した東日本大震災に伴う深刻な電力不足を受け、まち全体の約2割を3電池搭載のスマートハウス「グリーンファースト ハイブリッド」とし、「安全・安心」「健康・快適」「エネルギー」「見守り」など4つのキーワードで、豊かな暮らしの実現を目指す独自のスマートタウン「スマートコモンシティ」を展開する。

現在、「スマートコモンシティ明石台」(宮城県富谷町)、「スマートコモンステージけやき平」(茨城県古河市)など全国11カ所において計画が進行している。本件は四国初のスマートコモンシティとなる。

「ネット・ゼロエネルギー・ハウス」とは、高い断熱性能や省エネ設備で消費エネルギーを大幅に削減した上で、残りの消費エネルギーをダブル発電による発電分で相殺することで、エネルギー使用量をゼロ以下にする住宅のことをいう。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.