> > 積水ハウス、香川県に街全体が発電所の「スマートコモンシティ林町」を開発

積水ハウス、香川県に街全体が発電所の「スマートコモンシティ林町」を開発

 印刷 記事を保存

積水ハウスは、快適に暮らしながら「まち全体が発電所」となり、電力問題の解消に貢献するとともに、災害時には蓄電池などで安全・安心な暮らしが継続できるまち「スマートコモンシティ林町」(香川県高松市)のまちびらきを2月23日に行ったと発表した。

「スマートコモンシティ林町」では、国が推進する「ネット・ゼロエネルギー・ハウス」に準じた仕様を推奨する。全戸(43区画)を太陽電池と燃料電池を備えたダブル発電住宅とし、電気自動車用コンセントも標準装備。

さらに、そのうち約2割は蓄電池を加えた3電池を搭載し、それらを連動制御するHEMS(ホームエネルギー・マネジメントシステム)を備え、非常時にも電気のある暮らしができるスマートハウス「グリーンファースト ハイブリッド」とする。

太陽電池燃料電池によるダブル発電で「創エネ」して、クリーンな電力の地産地消を行うと同時に、断熱性能を高めるなどの「省エネ」により、1世帯当たりで年間約31.4万円の光熱費削減を可能した。

(※全文:1,070文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.