> > 台湾の太陽電池メーカーWINAICOが日本に進出、PV EXPOに出展

台湾の太陽電池メーカーWINAICOが日本に進出、PV EXPOに出展

 印刷 記事を保存

台湾の太陽電池メーカーのWINAICOは、日本に進出すると発表した。東京にオフィスを開設すると同時に、2月27日から3月1日に東京ビッグサイトで開催されるPV EXPOに出展し、高変換効率モジュールを展示する。

今回、PV EXPOで展示するのは、WSP QUANTUMシリーズの高変換効率モジュールとブラックライン48セル日本市場向け単結晶小型モジュール。WINAICO QUANTUMシリーズの外形寸法1,665×999×40mmで、モジュール変換効率は17.15%。

さらに、100%に近いほど高性能といわれる曲線因子(最大出力電力÷(解放電圧×短絡電流))は77%を超えている。また、大量生産によって各単結晶モジュールの生産の効率化を図るため、同社は太陽電池に、統合された背面の不動態化と選択エミッタ技術(PERC)を使用している。

(※全文:860文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.