> > 環境省、CO2排出削減効果の高い開発・実証事業の公募を開始

環境省、CO2排出削減効果の高い開発・実証事業の公募を開始

記事を保存

環境省は平成25年度の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の公募を開始した。同事業は「CO2排出削減効果の優れた技術の開発・実証」を主導して実施し、CO2排出量の大幅な削減を目指すもの。

公募期間は3月23日まで。対象は民間団体、公的研究機関、大学等。委託、補助は1/24。予算は1課題・単年度当たり2,000万円~5億円程度(補助金の場合は交付額として)。実施期間は原則3年間以内。

同省は、平成25年度から、将来的な地球温暖化対策の強化につながる技術開発・実証を「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」により実施することとしている。

「CO2排出削減技術の開発・実証」は、CO2排出削減量の拡大及び削減コストの低減を促し、将来にわたる大きなCO2排出削減を実現するために必要な取り組み。民間に委ねるだけでは大幅なCO2排出削減に必要な技術の開発が必ずしも進まないため、同事業の実施している。

【参考】
環境省、CO2排出削減効果の大きい技術開発・実証に事業委託や補助金(2013/2/15)
環境省 - 平成25年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.