> > 中部電力、タイで30.9MWのメガソーラー事業に参画

中部電力、タイで30.9MWのメガソーラー事業に参画

 印刷 記事を保存

中部電力は、タイ国中部および北部において、合計6カ所のメガソーラー(大規模太陽光発電所)(契約容量30.9MW)の開発・運営を行う事業会社の株式49%を、Gunkul Engineering Public Company Limited(GUNKUL)から取得したと発表した。同社が海外の太陽光発電事業に参画する初の案件となる。

本事業は、タイ国VSPPプログラムに基づいて、タイ地方配電公社(PEA)との長期売買契約により電力を卸販売するもの。保有するメガソーラーのうち2カ所(7.4MW)は既に商業運転を開始しており、残り4カ所(23.5MW)は現在、建設中。同社は今後、GUNKULと共同で本事業を推進し、適切な事業運営を実施していく計画だ。

(※全文:804文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.