> > JX日鉱日石、宮城県の製油所にメガソーラー 蓄電池などで防災対策

JX日鉱日石、宮城県の製油所にメガソーラー 蓄電池などで防災対策

 印刷 記事を保存

JX日鉱日石エネルギーは、仙台製油所における震災からの復興計画の一環として、発電出力1,000kWのメガソーラーを設置し、2月25日に同社初のメガソーラー発電事業として電力会社への送電を開始した。

メガソーラーに関する技術・ノウハウの蓄積を図るべく、複数メーカーの太陽電池パネルの比較検証や、故障を早期発見する監視システムの導入、検証を実施しているのが特長。また、万一の大規模停電時には、自立運転による電力の提供(最大50kW)を可能とした。

仙台製油所は、東日本大震災における津波により、石油製品供給に重要な役割を担うタンクローリー出荷設備が甚大な被害を受けた。復旧にあたっては、同出荷設備を、震災前に位置した製油所西地区から、より地盤面が高く津波の影響を軽減できると想定される東地区に移設された。

(※全文:615文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.