> > 佐川急便、全国の物流施設78カ所で太陽光発電事業

佐川急便、全国の物流施設78カ所で太陽光発電事業

 印刷 記事を保存

佐川急便を中核会社とするSGホールディングスグループは、東北から九州で所有する同グループの物流施設屋上に太陽光発電パネルを設置し発電事業に着手する。SGホールディングスは、グループ不動産事業を管理・統括するSGリアルティにおいて、グループ保有資産を活用したクリーンエネルギー供給事業を2013年4月より開始すると発表した。

最初に導入するのはSGリアルティ柏A棟(千葉県柏市)で2013年4月から発電開始する。その後、年内には1都1府29県の計78施設で電力供給を開始する予定で、最大18.3MWの発電規模となる見込み。今後も、新たに建設する施設や発電効率のよい地域について検討していく。

(※全文:766文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.