> > 佐川急便、全国の物流施設78カ所で太陽光発電事業

佐川急便、全国の物流施設78カ所で太陽光発電事業

記事を保存
佐川急便、全国の物流施設78カ所で太陽光発電事業

佐川急便を中核会社とするSGホールディングスグループは、東北から九州で所有する同グループの物流施設屋上に太陽光発電パネルを設置し発電事業に着手する。SGホールディングスは、グループ不動産事業を管理・統括するSGリアルティにおいて、グループ保有資産を活用したクリーンエネルギー供給事業を2013年4月より開始すると発表した。

最初に導入するのはSGリアルティ柏A棟(千葉県柏市)で2013年4月から発電開始する。その後、年内には1都1府29県の計78施設で電力供給を開始する予定で、最大18.3MWの発電規模となる見込み。今後も、新たに建設する施設や発電効率のよい地域について検討していく。

今回使用する太陽光パネルとして、昭和シェル石油子会社のソーラーフロンティアが宮崎県の工場で生産する国産のCIS薄膜太陽電池を採用した。CIS薄膜太陽電池は、シリコンを使用せず、銅・インジウム・セレンなどの化合物を原料とした太陽電池で、高い環境意識で設計・生産されていることと、実発電量の実績が評価されての採用となった。

太陽光発電パネルの設置を予定している78カ所の内訳は、九州20カ所、四国4カ所、中国7カ所、関西7カ所、中部18カ所、関東19カ所、東北3カ所。設置面積は185,950平方メートル。年間発電量は約4,700世帯分の年間電力消費量に相当し、CO2排出削減効果は、年間約9,600tと試算している。

SGホールディングスグループでは、自然エネルギーや再生可能エネルギーの利用を推進する方針のもと、2003年より佐川急便の23カ所の施設で太陽光発電パネルを設置し、環境負荷の少ない発電方法として自社内利用を促進してきた。その他にも天然ガス自動車の導入やサービスセンターの積極活用など環境負荷の少ない輸送方法を採り入れている。

今回、環境問題に積極的に取り組んでいる企業として、電力の安定供給や環境負荷低減に寄与することを目的に本事業に取り組む。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.