> > JR東日本、京葉線にメガソーラー設置 電力は電車の運行にも利用

JR東日本、京葉線にメガソーラー設置 電力は電車の運行にも利用

記事を保存
JR東日本、京葉線にメガソーラー設置 電力は電車の運行にも利用

JR東日本は、同社では初めてとなるメガソーラー(大規模太陽光発電設備)を京葉車両センターの未利用地に設置すると発表した。発電した電気は、京葉車両センター構内の事務所や車庫等で使用するほか、配電線を介して同社変電所に送り、鉄道運行に活用する。2013年度に使用を開始する。

今回設置するメガソーラーの定格出力は1,050kW。太陽光パネル面積は6,600平方メートル。想定する発電する電力量は、1日平均約2,700kWh(年間約1,000MWh)で、これは山手線(E231系)1編成が約4周走行する際に消費する電力量、または約270世帯が1日に消費する電力量に相当する。これにより年間CO2削減量は約500tを見込む。

JR東日本 京葉線設置メガソーラーの電力利用 - 環境ビジネスオンライン

余った電気は変電所へ送り、鉄道運行に使用する

また、太陽光で発電した電気を有効利用するために、電力系統を制御して電気を遠くへ送る技術について、本設備を活用して試験を行う。

同社では、自営発電所等の設備更新、蓄電池駆動電車の試験、「スマートグリッド技術」適用の検討など、エネルギー分野の新技術導入を進めてきた。その一環として、再生可能エネルギーである太陽光発電の導入拡大により創エネを推進し、CO2排出量の抑制に取り組む。これまでに東京駅、四ツ谷駅および平泉駅等に太陽光発電設備を導入している。今回のメガソーラーもその取り組みの一環で設置する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.