> > 太陽光、発電機、蓄電池を組み合わせたマンション向け非常用電源システム登場

太陽光、発電機、蓄電池を組み合わせたマンション向け非常用電源システム登場

 印刷 記事を保存

三菱重工グループの菱重エステートは、太陽光発電、非常用発電機、リチウムイオン蓄電池の3電源を組み合わせた集合住宅向けの保安電 源システム「エネセルフ」を開発し、3月18日より本格的に販売を開始する。

災害などの停電時には非常用電源としてエレベーターや給水ポンプなどライフラインの電力を安定的に供給できる一方、平常時には太陽光発電で電気代を節約する。新築・既設マンションなどを中心に3年間で40件の普及を目指す。

「エネセルフ」は、3電源とパワーコンディショナー(PC)、PCコントローラーからなる。パワーコンディショナーは太陽光パネルで発電した電流を電気製品で使えるように変換するもので、通常、停電を検知すると安全上停止する仕組みになっている。

(※全文:842文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.