> > 太陽光、発電機、蓄電池を組み合わせたマンション向け非常用電源システム登場

太陽光、発電機、蓄電池を組み合わせたマンション向け非常用電源システム登場

記事を保存
太陽光、発電機、蓄電池を組み合わせたマンション向け非常用電源システム登場

三菱重工グループの菱重エステートは、太陽光発電、非常用発電機、リチウムイオン蓄電池の3電源を組み合わせた集合住宅向けの保安電 源システム「エネセルフ」を開発し、3月18日より本格的に販売を開始する。

災害などの停電時には非常用電源としてエレベーターや給水ポンプなどライフラインの電力を安定的に供給できる一方、平常時には太陽光発電で電気代を節約する。新築・既設マンションなどを中心に3年間で40件の普及を目指す。

「エネセルフ」は、3電源とパワーコンディショナー(PC)、PCコントローラーからなる。パワーコンディショナーは太陽光パネルで発電した電流を電気製品で使えるように変換するもので、通常、停電を検知すると安全上停止する仕組みになっている。

今回、太陽光発電を自動制御するPCコントローラーを新たに自社開発し、停電時でもPCを継続して稼働させる仕組みに変更し、太陽光発電を非常用電源として利用できるようにした。

平常時は、昼間に商用電力と太陽光発電により給電し、太陽光発電の余剰電力を売電することも可能。夜間には、商用電力で給電するとともに、割安な夜間電力を蓄電池に充電することで停電時に備える。

一方、災害などで停電して商用電力が供給されない場合でも、共用部分のエレベーター、トイレなどへの給水用ポンプ、集会室の照明設備など最低限のライフラインを確保できるように、昼間は太陽光発電から給電し、それで不足する場合は蓄電池、さらには非常用発電機でカバーする。あわせて、太陽光発電の余剰電力を夜間用に蓄電し、夜間は蓄電池と非常用発電機から給電する。停電時は、エレベーターや給水ポンプ、集会室の電力を最低3日間賄うことができる。

停電時・復電時の電力系統の起動・切り替えは、自動コントロール方式で行う。太陽光発電、非常用発電機、蓄電池のほか、太陽光発電と蓄電池、太陽光発電と非常用発電機などの組み合わせをニーズに応じて選択できる。さらに、既存の太陽光発電設備を活かして、非常用発電機、蓄電池を追加することも可能。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.