> > 環境省、家庭・事業者向けエコリース事業でリース事業者等を公募

環境省、家庭・事業者向けエコリース事業でリース事業者等を公募

記事を保存

環境省は、家庭や事業者に対して、リースにより低炭素機器を導入した際に補助金を交付する「平成25年度家庭・事業者向けエコリース促進事業」において、本事業費補助金に係る補助事業者とリース事業者(指定リース事業者)の公募を開始する。

本事業は、低炭素機器の導入に際して多額の初期投資費用(頭金)を負担することが困難な家庭、中小企業を中心に、頭金のないリースという手法を活用することによって低炭素機器の普及を図り、「エコで快適な暮らし」を実現するために実施するもの。

一定の基準を満たす、再生可能エネルギー設備や産業用機械、業務用設備等の幅広い分野の低炭素機器をリースで導入した際に、リース料総額の3%又は5%を補助する。但し、東日本大震災の被災地域である東北三県(岩手県、宮城県、福島県)における補助率は10%。

本事業の予算額は18億円。なお、本事業では、補助対象機器をリースにより提供する指定リース事業者に対して助成を行うもので、補助金申請は環境省から指定リース事業者が行う。

今回公募する補助事業者は、指定リース事業者であって低炭素機器をリースにより提供するものに対して補助金を交付する事業(間接補助事業)を行う。業務管理費は5,000万円を上限とする。事業実施期間は交付決定日から平成26年3月31日までを原則とする単年度事業。

応募資格は、民間企業、法人などで、公募要領を入手し、説明会に参加した者であること。説明会は3月14日(木)、10時30分より、環境省第9会議室(東京都千代田区)にて開催する。公募期間は3月11日(月)から3月22日(金)(17時必着)まで。その後、有識者を含む企画書審査委員会による審査を行い、業務の目的に最も合致した1者を選定する。

指定リース事業者の応募資格は、リース事業を営む事業者であること。応募期間は平成25年3月11日(月)から4月5日(金)17時まで。審査を経て、指定リース事業者を4月末までに決定する予定。

なお、本公募は、平成25年度予算成立後、速やかに補助事業を開始できるようにするために予算成立前に公募の手続きを行うもの。平成25年度予算の国会における成立が前提であり、補助事業の内容等に変更があり得る。

【参考】
環境省 - 「平成25年度家庭・事業者向けエコリース促進事業費補助金」に係るリース事業者の公募について
環境省 - 「平成25年度家庭・事業者向けエコリース促進事業費補助金」に係る補助事業者の公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.