> > 三重県桑名市、市有施設の屋根貸し太陽光発電事業者を募集

三重県桑名市、市有施設の屋根貸し太陽光発電事業者を募集

記事を保存

三重県桑名市は、市有施設の屋根貸し太陽光発電事業者の募集を開始した。同事業は、桑名市内に本社、支店または営業所を置く法人を対象に、公市有施設の屋根や必要な場所を有償で使用を許可するもの。

再生可能エネルギーの利用を促進し、災害時等における公共施設機能の強化を図るとともに、地域経済の活性化を図ることを目的としている。対象施設は、支所、健康センター、公民館、市民センター、福祉会館、小学校の屋内運動場など。公募の受付は3月22日まで。

桑名市では、災害時などの電力危機への対応も含め、地域が有する限りある資源と再生可能エネルギーの活用などで、効率的にエネルギーが利用でき、自立分散型の持続可能な供給体制がとれるまちづくりを目指している。

昨年からは「桑名市スマート・エネルギー構想(仮称)」の策定を始め、地域でできる取り組みを考え総合的にエネルギー政策を進めている。今回の屋根貸し事業は、同構想推進の一環として行われる。

【参考】
三重県 - 太陽光発電のための「市有施設屋根貸し」事業の事業者を募集します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.