> > ビルや店舗などの業務用蓄電システムを最適化する電源装置が登場

ビルや店舗などの業務用蓄電システムを最適化する電源装置が登場

記事を保存
ビルや店舗などの業務用蓄電システムを最適化する電源装置が登場

電源専門メーカーのYAMABISHI(東京都)は、主にビルや店舗などの業務向けに導入される蓄電システムの構築を最適にするため電源装置「双方向電源(YRWシリーズ)」を開発し、3月15日より販売を開始する。

同装置は、再生可能エネルギーを効率よく利用するために必要機能を双方向電源に統合したことにより、高コストパフォーマンス、高効率化を実現したのが特長。

「双方向電源(YRWシリーズ)」の具体的な特長は、以下の通り。

【1】必要機能を双方向電源に統合したシンプル構造

  • 蓄電用DC / DCコンバータが不要なため、高コストパフォーマンス、高効率化を実現

【2】「蓄電池」との組み合わせによるメリット

  • 夜間電力で充電しておき、昼間に使うことで電気料金を軽減
  • 電気使用量が基本契約を超えないよう、蓄電池から放電することで電気基本料金を軽減
  • 停電時のBCP(事業継続計画)対策

【3】「蓄電池」「太陽電池」と組み合わせによるメリット

  • 発電電力を蓄電池に充電することで節電が可能
  • 発電電力をピークシフト、ピークカットに活用(電気料金、電気基本料金の軽減)

【4】豊富なラインアップで電源容量や相数の制限がない

  • 単相2線式・単相3線式: 5kW / 10kW / 20kW / 30kW
  • 三相3線式      :10kW / 20kW / 30kW / 50kW
  • カスタム製作も可能

なお、YAMABISHIは電源装置の開発・製造・販売を手がける電源専門メーカー。UPSや回生型バッテリ充放電装置の技術に実績がある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.