> > 発電効率アップか 中部国際空港、壁面の太陽電池に傾斜

発電効率アップか 中部国際空港、壁面の太陽電池に傾斜

記事を保存
発電効率アップか 中部国際空港、壁面の太陽電池に傾斜

中部国際空港セントレア(愛知県常滑市)では、来場者用駐車場(P1駐車場A棟)において、太陽光発電システムの実証実験を3月4日より開始した。本事業は、環境に配慮した新たな取り組みの一環として、奥地建産(大阪市)が実施する、駐車場壁面を有効利用した「壁面傾斜設置型太陽光発電システム」の実証実験に協力して実施するもの。

本実証試験には、同空港を設置・管理する中部国際線空港、シャープ、ソーラーフロンティア、トヨタL&F中部など合計9社が参画する。実験期間は2014年3月31日まで。

本実証試験では、傾斜設置型太陽光発電システム(出力23.7kW)をP1駐車場A棟東側壁面に設置。設置枚数は132枚、設置面積は約200平方メートル。太陽光パネルは化合物系、多結晶系、薄膜系の3種類、設置角度は45度、65度、90度の3パターンを採用し、太陽光パネルの仕様や設置角度の違いなどによる発電効率を検証する。

また、同棟3階、4階に、蓄電池(鉛、リチウム等)を設置し、蓄電池との組み合わせによる、安定的な出力確保及び能力等の検証を行う。

中部国際空港セントレアは、2005年2月17日に開港。環境先進空港として、基本構想段階から空港運営段階に至る様々な段階で、環境負荷低減への取り組みを進めている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.