> > 平成24年「燃費の良い乗用車ベスト10」 1位はトヨタ「アクア」

平成24年「燃費の良い乗用車ベスト10」 1位はトヨタ「アクア」

記事を保存
平成24年「燃費の良い乗用車ベスト10」 1位はトヨタ「アクア」

国土交通省は、平成24年の燃費の良い乗用車のベスト10及び、燃費性能等をメーカー別・車種別に示した「自動車燃費一覧」を取りまとめ、公表した。

平成24年末時点で販売されている自動車のうち、最も燃費(JC08モード燃費値)の良い乗用車は、小型・普通自動車では、トヨタ自動車の小型ハイブリッド車「アクア」で燃費は35.4km/L、軽自動車では、スズキの「アルト」及びマツダの「キャロル」で燃費は30.2km/Lだった。小型・普通自動車のベスト10にはハイブリッド車が7種、ランクインした。

また、燃費性能の向上度合いを異なる車両重量間で比較することができる「平成27年度燃費基準達成・向上達成レベル」において最も高い乗用車は、小型・普通自動車では、トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」及びレクサスの小型ハイブリッド車「CT200h」、軽自動車ではスズキの「アルト」、マツダの「キャロル」、ダイハツの「ムーブ」及び富士重工業の「ステラ」だった。小型・普通自動車のベスト10は、トヨタ系ハイブリッド車が独占した。

ハイブリッド自動車を除いた普通・小型自動車のランキングでは、燃費の良い車ベスト3は、三菱「ミラージュ」(燃費27.2km/L)、ニッサン「ノート」(燃費25.2km/L)、マツダ「デミオ」(燃費25.0 km/L)だった。「平成27年度燃費基準達成・向上達成レベル」の最も高い乗用車は、BMWのディーゼル車「BMW X3 xDrive 20d」(燃費18.6km/L)だった。ベスト10に、BMWの8ブランドがランクインし、うち5ブランドはディーゼル車だった。

「自動車燃費一覧」では「自動車の燃費性能の評価及び公表に関する実施要領(平成16年国土交通省告示第61号)」に基づき、自動車の燃費性能を評価して公表している。平成24年末時点で新車として販売されているものの燃費性能等について、各メーカー別・車種別に取りまとめ、同省のサイト(http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr10_000010.html)に掲載した。

この取りまとめと公表は、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高めるとともに、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するために、同省が毎年実施しているもの。

【参考】
国土交通省 - 平成24年の燃費の良い乗用車ベスト10について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.