> > 山口県でLEDの光を使ったトマトの病害防除を実験中

山口県でLEDの光を使ったトマトの病害防除を実験中

 印刷 記事を保存

山口県農林総合技術センターでは、山口大学、山口県産業技術センターと連携してLED光を活用した農作物病害防除システムの開発に取り組んでいる。今回、平成24年度「やまぐちグリーン部材クラスター」研究成果発表会の開催にあわせて、現在実施中のLED光照射によるトマトの病害防除効果の実証試験ハウスを3月15日に公開する。

山口県では、新たな産業の創出を目指して、文部科学省補助事業「地域イノベーション戦略支援プログラム」を活用し、「やまぐちグリーン部材クラスター事業(事業期間:平成21年度~25年度)」に取り組み、産学公が連携して世界に通用する新技術の研究開発とその事業化を積極的に進めている。

LED光を活用した農作物病害防除システムの共同開発も、本事業において、「LED等光技術を応用した第一次産業支援技術の開発」を研究テーマとする取り組みのひとつの柱として実施されている。

(※全文:776文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.