> > 地球温暖化対策に関する改正法律案が閣議決定、当面の方針も発表

地球温暖化対策に関する改正法律案が閣議決定、当面の方針も発表

記事を保存

3月15日(金)の閣議において、「地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案」が閣議決定された。また、同日に開催された地球温暖化対策推進本部において、「当面の地球温暖化対策に関する方針」が決定された。

●「地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案」

(1)改正の趣旨
現行の「地球温暖化対策の推進に関する法律」では、京都議定書に基づく削減約束に対応して、京都議定書目標達成計画を策定することとされているが、平成24年末をもって京都議定書第一約束期間が終了し、現行の京都議定書目標達成計画に基づく取組も平成24年度末をもって終了する。

日本は、京都議定書第二約束期間(平成25~32年)には加わらないものの、国連気候変動枠組条約下のカンクン合意に基づき、平成25年度以降も引き続き地球温暖化対策に取り組む。このため、今後の地球温暖化対策の総合的かつ計画的な推進を図るべく、「地球温暖化対策の推進に関する法律」の一部を改正し、国による地球温暖化対策計画の策定を規定する等の所要の措置を講じることとする。

(2)改正の概要
【1】三フッ化窒素を温室効果ガスの種類として追加する。
【2】国は、地球温暖化対策を総合的かつ計画的に推進するため、温室効果ガスの排出抑制及び吸収の目標、事業者・国民等が講ずべき措置に関する具体的事項、目標達成のために国・地方公共団体が講ずべき施策等を内容とする地球温暖化対策計画を策定するものとする。
【3】地球温暖化対策計画の案は、地球温暖化対策推進本部において作成することとする。

(3)施行期日
法律の公布の日から施行する。ただし、上記(2)【1】の三ふっ化窒素を温室効果ガスの種類として追加する改正規定は、平成27年4月1日から施行する。

●「当面の地球温暖化対策に関する方針」の概要

平成25年度以降の地球温暖化対策に関する基本的方針
 2020年までの削減目標について、本年11月の国連気候変動枠組条約第19回締約国会議(COP19)までに、25%削減目標をゼロベースで見直す。

その実現のため、中央環境審議会・産業構造審議会の合同会合を中心に、関係審議会において地球温暖化対策計画に位置付ける対策・施策の検討を行う。この検討結果を踏まえて、地球温暖化対策推進本部において地球温暖化対策計画の案を作成し、閣議決定をする予定。また、地球温暖化対策計画の策定の法的根拠となる、上記法律案を今国会に提出する。

地球温暖化対策計画に位置付ける対策・施策
 経済活性化にも資するものを目指し、対策ごとの目標(対策評価指標)を設定する予定。特に、再生可能エネルギーや省エネルギーについては、東日本大震災以降、取り組みが拡大してきたことを踏まえ、これをさらに加速させ、最大限の推進を図るとしている。

エネルギー起源二酸化炭素の各部門の対策
 「低炭素社会実行計画」に基づく事業者による自主的な取組に対する評価・検証等を進めるとともに、排出抑制等指針の策定・公表・運用を始めとする制度的対応や、各種の支援措置等を進める予定。

また、代替フロン等に関する対策を抜本的に強化し、フロン類の製造、製品への使用等を含むライフサイクル全体にわたる排出抑制対策を進める。さらに、国際的に合意された新たなルールに則った森林等の吸収源対策や、バイオマス等の有効活用を積極的に推進する。

新たな削減目標の達成に向けた対策・施策
 定期的かつ定量的な評価を行うことにより厳格に進捗状況を点検するとともに、必要に応じ内容の見直しを行うこととする。

さらに、わが国の削減目標の達成に活用するため、二国間オフセット・クレジット制度を構築・実施していくこと、国民の関心と理解の増進や排出削減・吸収の取組の促進に一層努めること、今後避けることのできない地球温暖化の影響への適切な対処(適応)を計画 的に進めることなどを明記。

さらに、全ての国が参加する2020 年以降の将来枠組みについて2015 年の合意を目指し、今後の国際的な議論に積極的に参画するとしている。

【参考】
環境省 - 地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案の閣議決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.