> > CIGS太陽電池にカドミウムを使わない製造方法が開発 変換効率も維持

CIGS太陽電池にカドミウムを使わない製造方法が開発 変換効率も維持

 印刷 記事を保存

キヤノングループの製造装置メーカーであるキヤノンアネルバ(神奈川県川崎市)と産業技術総合研究所は共同で、ドライプロセスだけで形成したカドミウム(Cd)を含まないCIGS太陽電池において、従来の手法である部分的にウェットプロセス(溶液成長法)を用いた場合に近い光電変換効率を実現する技術を開発したと発表した。

太陽電池にはバッファ層と呼ばれる層がある。CIGS太陽電池においては、光吸収層であるCIGS層と、透明導電膜の層の間に挿入される薄膜の層がバッファ層で、太陽電池の性能に大きな影響を及ぼしている。

今回開発した技術の特徴は、バッファ層の成膜方法にドライプロセスであるスパッタリングを用いることと、バッファ層材料がZnMgO(酸化亜鉛にマグネシウムを混合した物質)であること。この技術を用いたCIGS小面積セル(0.5平方cm)において、光電変換効率16.2%(反射防止膜あり)を達成した。

(※全文:1,249文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.