> > 世界初、植物由来のナノ繊維を用いた透明シート 太陽電池やディスプレイに

世界初、植物由来のナノ繊維を用いた透明シート 太陽電池やディスプレイに

 印刷 記事を保存

王子ホールディングスと三菱化学は、食物繊維をナノオーダー(1mmの百万分の一)にまで細かく解きほぐした「セルロースナノファイバー」を材料とした透明連続シートの製造に世界で初めて成功したと発表した。この透明シートは、軽量で紙のように折りたためるため、必要なときに開いて使用できる大型ディスプレーや太陽電池などへの応用が期待される。

両社は、王子ホールディングス東雲研究センター(東京都江東区)に、セルロースナノファイバーの連続シート化設備を設置し、サンプル製造および供給を開始する。今後、両社は、セルロースナノファイバーシートの幅広い用途開発を視野にサンプル供給を行い、実用化へ向けた製品開発を加速させていく考えだ。

両社は2009年10月より、セルロースナノファイバーに関する共同研究を行ってきた。セルロースナノファイバーは、植物繊維(パルプ)をナノオーダーにまで細かく解きほぐしたもので、太さは髪の毛の2万分の1程度。温度変化に伴う伸縮の度合い(線熱膨張係数)はガラス繊維並みに小さく、弾性率はガラス繊維より高い(硬くて丈夫)という優れた特性を有する。

また、セルロースナノファイバーは植物由来であることから、紙と同様に環境負荷が小さく、リサイクル性に優れた材料であることも特長とする。

(※全文:1,165文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.