> > デンマークに世界最先端の風力タービン試験設備 GEが建設

デンマークに世界最先端の風力タービン試験設備 GEが建設

記事を保存
デンマークに世界最先端の風力タービン試験設備 GEが建設

GEのパワーコンバージョン事業は、デンマークで最大10MWの出力を持つ世界最先端の風車タービン試験設備を受注したと発表した。

同社は、同国の再生可能エネルギー技術に関する試験センターであるリンドー洋上再生可能エネルギーセンター(Lindoe Offshore Renewables Center:LORC)との間で、本試験設備の建設、試運転から引き渡しまでを一括したターンキー方式の契約を結んだ。

本試験設備は、リンドー・ナセル試験(Lindoe Nacelle Testing:LNT)プロジェクトにおいて、デンマークで4番目に大きなフュン島にあるリンドー・インダストリアルパーク(Lindoe Industrial Park)内に建設される。稼働開始は2014年を予定している。

今回建設する最新のナセル向け試験設備は、事故時運転継続要件(FRT: Fault Ride Through)テストおよびグリッドシミュレーションが可能で、また、試験機器には、GEの革新的なダイレクトドライブ永久磁石モータと柔軟性に富んだモジュラーインバーターシステムを搭載している。GEでは、今回の契約受注は、同社の風力ドライブ技術と試験システムに関する実績を高く評価されたと説明している。

新しいナセル試験設備は、ピッチコントロールを含めたすべてのフィールド運用ソフトウェアとハードウェア、およびタービンハブを試験機構に組込むことができるよう特別に設計されたアダプタを使用しており、これによってLORCは風力ナセルの機能および性能に関する試験ができる。

またこれら設備は、試験システム業界でもユニークな、実際の条件に近い33kVレベルでの試験環境を使用するため、ナセル内の風力タービンコントローラの試験も可能になるなど、試験対応領域を大きく拡げる。

GEは、この試験設備に対してドライブトレイン、グリッド(送電網)シミュレーション、管理システムおよび基礎工事を提供する。これには中圧スイッチギア、変圧器、インバーターシステム用DDPM(ダイレクトドライブ永久磁石)モータ、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)および機械基礎が含まれる。

また本プロジェクトにおいて、同社は設置・試運転・リモートサービスを提供する。今回導入する中圧インバーターシステムは、従来のMV7000シリーズをさらに発展させた最小クラスの製品。ダイナミック制御特性と低グリッドインターフェースに関するGEの実証された技術が用いられている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.