> > タマホーム、HEMS住宅を全棟標準仕様に 日本IBMがシステムを支援

タマホーム、HEMS住宅を全棟標準仕様に 日本IBMがシステムを支援

 印刷 記事を保存

タマホームは、家庭の省エネを支援する「ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)」を備えた次世代型住宅の販売を強化し、本年6月以降の新築・分譲住宅(一部を除く)について、全棟標準仕様とすると発表した。また、既築の顧客向けにHEMS商品として販売を開始する。

タマホームは、HEMS搭載住宅において、さまざまな機器やサービスを連携させ、家庭のエネルギー消費や暮らしの最適化を支援する双方向型サービスを目指しており、日本IBMがHEMSの構築と運用を支援する。タマホームでは、HEMS搭載住宅の販売について、今後3年間で新築3万棟、既築2万棟を見込む。

タマホームが提供するHEMS搭載住宅では、電力消費量を30分、日、週、月、年単位で把握・比較したり、電気料金、CO2排出量、原油換算といった指標で確認したりすることができるほか、太陽光発電の発電・稼働状況等も把握できる。さらに、PC、タブレット、スマートフォンなどの様々な端末から利用できるため、遠隔地からなどでも利用可能。

(※全文:1,167文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.