> > 三菱商事・産業革新機構、イタリアで最大級の太陽光発電会社を買収

三菱商事・産業革新機構、イタリアで最大級の太陽光発電会社を買収

記事を保存
三菱商事・産業革新機構、イタリアで最大級の太陽光発電会社を買収

三菱商事と産業革新機構(INCJ)は、初めてイタリアでの太陽光発電事業に参入すると発表した。両社とイタリアのソーラーベンチャーズ社(Solar Ventures S.R.L.)は、ソーラーベンチャーズ社がイタリアで運営中の太陽光発電事業を今後3社で行うことに合意した。

本合意に基づき、三菱商事とINCJは、ソーラーホールディング社(Solar Holding S.R.L.)の株式を譲り受け、以降ソーラーホールディング社を、三菱商事50%、INCJ35%、ソーラーベンチャーズ社15%の合弁会社として運営していく。

ソーラーホールディング社がイタリア国内に保有する太陽光発電所は現在19カ所、総発電容量は4.2万kW、総発電量は58GWhであり、イタリアの約2万世帯にクリーンな電力を供給している。

同社は、イタリアで再生可能エネルギーが導入され始めた初期段階から太陽光事業に参入し、これまでに10万kW以上の開発・運営実績を有する。同社の太陽光発電設備には高品質のシリコン系パネルを使用しており、また、当該分野の経験豊富なマネジメントチームを有していることから、発電量は当初計画を上回るレベルで推移している。

ピエモンテ州にある太陽光発電所の1つ

ピエモンテ州にある太陽光発電所の1つ

イタリアは世界でも有数の日射量(日本の約1.25倍)を誇り、現在ドイツ(約32百万kW)に次いで世界第2位の太陽光発電(16百万kW)の導入量となっている。

今後、三菱商事とINCJは、太陽光発電の先進国であるイタリアにて、日本企業がリードする大規模なプラットフォームを形成し、同国における発電事業の展開及びノウハウの蓄積に邁進していく予定。

イタリアでは今後も太陽光発電事業の拡張が見込まれており、三菱商事、INCJ並びにソーラーベンチャーズ社の3社は、同国において10万~15万kWの発電容量追加取得を検討しており、同国において積極的に太陽光発電事業を展開していく計画だ。

INCJは、オープンイノベーションにより次世代の国富を担う産業の創出を目的に、産業界との幅広い連携を通した投資活動等を行うために、法律に基づき、官民ファンドにより平成21年7月に設立された株式会社。これまでに合計36件・総額約6,000億円の投資決定を発表している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.