> > 神奈川県初の固定価格買取制度を利用した小水力発電、きょう実証試験を開始

神奈川県初の固定価格買取制度を利用した小水力発電、きょう実証試験を開始

 印刷 記事を保存

神奈川県は、足柄平野の農地800haを潤す「文命用水」に、低落差でも発電可能な小水力発電設備を設置し、発電性能等を確認する実証試験を開始すると発表した。

この実証試験は、平成26年3月まで行い、得られた知見を広く公表することで導入機運を高め、農業用水を活用した小水力発電の普及を促進することを目的としている。この設備は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づく国の認定を、県内で初めて受けた小水力発電設備で、発電した電気は同制度により全量売電し、実証試験の後も引き続き発電を継続する。

発電設備の設置場所は、文命用水放水路(南足柄市斑目地内及び足柄上郡開成町金井島地先)。有効落差は1.3m、使用水量は1.3立方メートル/秒、発電出力は10kW。発電電力量は、一般家庭約10世帯分の年間電力使用量に相当する年間約35,000kWh、CO2削減効果は年間約30tを見込む。

(※全文:926文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.